ヘルペスウイルスと一言で言ってもそこにはさまざまな種類のものが存在しています。中でも皆さんが良くご存知かと思われるものに「水痘・帯状疱疹ウイルス」というものがあります。今回はその感染し症状の1つ「水疱瘡」について見ていきましょう。

イメージとして子供の病気というものがある水疱瘡は、水痘・帯状疱疹ウイルスというヘルペスウイルスにおける感染症状なのです。感染をすると、潜伏期間を経て、発熱とともに全身に小さく赤い発疹もしくは水ぶくれが出てきます。一度水疱瘡にかかると、免疫が生成されます。

ですから、一般的には「二度とかからない」といわれています。しかし、改善された後でもそのウイルスは体内に潜伏をつづけているのです。ですから、数十年後に何らかの要因によって発症することもあるのです。この発症症状を「帯状疱疹」と言います。

乳幼児期の水疱瘡に関しては怖い病気では決してありません。正しく治療をすることによって重症化はさけられることでしょう。ただし、治療が遅れてしまったり、アトピー性皮膚炎など他に皮膚疾患があるという場合には、重症化してしまう可能性もあるので注意が必要です。

水疱瘡の発症のピークですが、1歳02歳までといわれており、10歳までには罹患経験を持つともいわれています。関連性がまったく無いと思われている方もいらっしゃっるかもしれませんが、水疱瘡もまたヘルペスウイルスの1つなのです。早めの治療が早い改善や重症化を防いでくれますので、自己判断や自己治療をしないよう心がけましょう。