ヘルペスにもさまざまな種類のものがあります。そして、それぞれの症状があるものです。特にその中でも「乳幼児に多く見受けられるヘルペスウイルス」というものがあるのはご存知でしょうか。今回は、子供がかかりやすいヘルペスというものについて見ていきましょう。

乳幼児が初めてヘルペスウイルスに感染した場合に多く見られる症状といわれています。具体的な症状の特徴ですが、39度誓い高熱を急に出すという点です。それと同時に、口の中に痛みをともなった水疱が出来て、歯茎がはれ上がり中には出血を起こすというケースもあります。

長時間発熱が続くというケースも少ないものの、口内に痛みが出てしまうために食欲低下や脱水症状を起こす起こす可能性もあるので注意が必要です。先にも触れたように、高熱が長時間続くという事はあまり多くありませんが、それが続いてしまったり脱水状態が続いてしまうことによって入院治療が求められる場合もあります。

その際は、点滴治療などを含め10日近くかかるということもあるでしょう。不調に気がついたら早い段階で病院を受診していただくことをおすすめしたいと思います。一度かかると免疫が出来るために二度とかから無いといわれていますが、ウイルスそのものは体内に潜伏します。

その後「口唇ヘルペス」となって症状を引き起こす場合もあるでしょう。乳幼児期の場合、自ら予防や対策というものは出来ないので、回りの大人がその体調をしっかりと見ておく・適切な対処をするという事が大切といえるでしょう。また、日ごろの生活環境も整えるよう心がけておくと良いでしょう。