ワックスとフロアコーティングの違いや疑問とは?

フロアコーティングはワックスとどのような違いがあるのか? - フロアコーティングとワックスはどう違うのか??

新着情報

▶2015/09/14
フロアコーティングとワックスはどう違うのか??の情報を更新しました。
▶2015/09/14
サイトマップの情報を更新しました。
▶2015/07/21
フロアコーティング業者選びについてを新規投稿しました。
▶2015/07/20
新築マンション購入の際にはを新規投稿しました。
▶2015/07/19
新築でフロアコーティングをするとお得!?を新規投稿しました。

フロアコーティングとワックスはどう違うのか??

 フロアコーティング業者を選ぶ際、フロアコーティング口コミで検討されている方が必ず疑問に思う事があるはずです。
それは、ワックスとフロアコーティングって一体何が違うの??という疑問ではないかと思います。
そんな皆さんの疑問を今日はお話していこうと思いますので、是非参考になればと思います。

ワックスとは?

 ます、ワックスは艶出しを目的としたものなので皆さんご存知かと思いますが、とても滑りやすいのです。
また、定期的に塗直しをしなくてはいけなく、重ね塗りをしてしまうとゴミ等も一緒に固めてしまいますので不衛生ですし見た目も汚くなりますので、一度ワックスを綺麗に落してから再度塗り直すという手間がかかります。
 水分やペットの尿等が付着したまま時間が経過すると、ワックスが直ぐに剥がれたり、クリアではなく白く濁ったりしてしまうのです。
そして、ワックスには水分が含まれていますから重ね塗りをしていくと床材を劣化させたりするというデメリットな部分もあるのです。

フロアコーティングとは?

qwrea
 一方フロアコーティングの場合には施行を行ってから約二十年以上(コーティングの種類により変わります)床材を保護しますし、光沢を継続させる事が出来るのです。
耐久・耐水・耐薬品、ペットを飼われているお家でしたら引っかき傷からも保護する事が可能となります。
フロアコーティングの中にはペットやお年寄りの為に開発された種類もありますので、何を重要とするかにより選択すると良いと思います。
 費用対効果の面で見ても、ワックスですと一回の金額で見るとお安いですが、これを何年・何十年と考えると結構な金額になってきます。
フロアコーティングですと一度に支払う金額は大きいですが、長い目で見てみると高くない買物だと言えます。
 以上、ワックスとフロアコーティングの違いをお話してきましたが、どちらを選択するのかはご自身の判断です。
最近は何社かの業者さんを比較出来るサイトもネット上にありますので、一度覗いて見るのも良いと思います。
希望に合わせたコーティングを、業者がしてくれるかどうかは不安なものですよね。
どういうコーティングが希望かということを、大体は頭に描いたり、ネットなどで写真を見つけて、これがいいというように決めておくといいですね。

自分の環境をチェックしよう

床材により、使えるコーティング剤の種類が変わってくることも多いです。
例えばクッションフロアの場合は、フローリングで使うコーティング剤は使用出来ません。
そのため、専用の作業が必要になってくるのです。
自分自身の環境をチェックした上で、どのようなコーティングが出来るかを業者に相談することが必要になるのです。
ツヤを抑えるようにしたい、もしくは逆にツヤを出したいというようにして、目的よってコーティングの方法が変わることもあるのです。
その目的をある程度明確にしていれば、決めることも早く出来るかもしれません。

クッションフロアの場合

水回り部分の床材に使われるクッションフロアの場合はフローリングと材質が違ってきます。
そのため、専用のフロアコーティングをしなければいけなくなるのです。
そして凹凸がある材質なので、この凹凸の差を小さくして汚れが入りにくいコーティング剤を使うことになります。
こういったことは素人では分からない事も多いでしょう。
専門家にどうすれば良いのかをしっかりと相談をすることが必要になります。

フローリングの模様を生かしたい

フローリングの模様を生かすためには、あまりツヤを出さない方が良いことになります。
でも、最近ではシリコンやガラスでもツヤの有無を選ぶことが出来る溶剤が増えていますそのため、シリコンやガラスで、ツヤの抑えた仕上げを求めることより望んでいるコーティングになるはずです。

自分好みのフロアコーティングに

これから暮らしていく自分や家族にとって、快適であることが大切です。
そのためには、自分好みのコーティングを施してくれる業者を、探すようにすることが必要になるでしょう。